オカムラについて

ずっと長く、安心して使えます。

大人になっても使えるデザイン。

学習家具を大人になっても使い続けていくためには、シンプルで飽きのこないデザインがおすすめです。また、お部屋全体のインテリアの調和が図れることも求められます。デザインは製品全体のイメージだけでなく、ひとつひとつのディテールにも行き届いた配慮を加えることで、学習家具も大人の感性に十分に応えられるものとなります。

天板の前縁と引出しの前板が、一体化したデザイン。
指をはさまないように配慮された、いすの操作レバー部分。
第6回キッズデザイン賞受賞
2006年度グッドデザイン賞受賞

安心で確かな品質。

学習家具を長い期間使い続けていく上で、安心できる品質であることはとても重要なことです。そのために耐久試験などを行い、安全性を繰り返し検証しています。また、材料を選ぶにあたっても、有害物質であるホルムアルデヒドなどの放散量が少ない「F☆☆☆」同等の低ホルムアルデヒド素材を使用しています。

ピエルナコンパクトの耐久試験
アルソスチェアの耐久試験

低ホルムアルデヒド規格の材料使用

JIS・JAS等級区分ホルムアルデヒド放散量基準値
F☆☆☆☆平均0.3mg/l  最大0.4mg/l
F☆☆☆平均0.5mg/l  最大0.7mg/l
F☆☆平均1.5mg/l  最大2.0mg/l
F☆平均5.0mg/l  最大7.0mg/l

子どもたちの未来に豊かな地球を!

オカムラは植林活動に参加しています。

オカムラでは、加盟する「JOIFA(一般社団法人日本オフィス家具協会)学習用家具部会」を通じ、地球環境を守るため植林活動に参加しています。「JOIFA学習用家具部会」に加盟する4社は、地球規模での自然環境、地域環境の保護に協力するため、砂漠緑化・砂漠化防止を目的としたNPO(特定 非営利活動法人)緑化ネットワークの活動に賛同し、20ha(東京ドーム約4.3個分)の植林を行っています。

緑化ネットワークは、2000年に設立され、活動拠点を中国内蒙古自治区通遼市のホルチン砂漠に定め通遼市政府と事業提携合意。同市政府との共同事業を開始し、10年間で約350万本、面積として約1400ha(東京ドーム300個分)の植林を行っています。
PAGE TOP